備忘録的なアレ

メモ代わりに徒然と

RとIを使いなさい。

 

問題にぶつかったとき、自分からは何もせず、無責任にも誰かが解決してくれるのを待っているようなら、「RとIを使いなさい」と言ってきた。

 

これ、今再読中の「7つの習慣」に出てきた言葉なんですが、良い言葉だなぁと。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 ↑Kindleオーナーライブラリーで1ヶ月無料で借りられます。
(意識が高かった)大学生のときに読んだっきり本を誰かにあげてしまったので、この機会に読み直してます。

 

“Resourcefulness”と“Initiative”

 

RとIのR、”Resourcefulness”

あまり聞き慣れない単語ですかね。(少なくとも私はあまり聞いたことなかった)
本文中では「知恵」と訳されてましたが、単なる賢さって意味ではなく「困難な問題をどうにか解決する能力」というような意味合いが強いようです。

 

RとIのI、”Initiative”

対してこちらはよく耳にする単語ですね。
本文中ではそのまま「率先力」と訳されてました。
まあ主導的に何かをすること、みたいなニュアンスでしょうか。

 

まあ平たく言うと、

自分の頭で考えて、自ら主体的に問題に対して取り組みなさい

みたいな感じですね。
当たり前ですが非常に大切だな、と。