Kindleと紙の本。

久しぶりのブログです。
Kindleと紙の本の使い分けについて、です。(備忘録的に)

Kindle便利だなーってことでよく使っているのですが
紙の本でも読みたいなぁってことが多々あります。

使い分けどうしてるんだっけ?
というのを自分の中で整理しつつ、備忘録的な意味合いもこめてメモ。

Kindleの利点

  • 購入が楽(Kindle版だとちょっと安いことも)
  • かさばらない

ちょっと読みたいな、と思った本をすぐ / 簡単に読めるのは流石だなと思ってます。
ネットの記事とかぱらーっと読んでて、気になった本があったら即ポチれます。
あとたまにamazonのセールですごく安く買える点も素敵です。

さらに持ち運びも軽くてGOOD。
何冊か平行して本を読むことが多いので助かります。
(数冊カバンに入れて出かけるの億劫ですし)

紙の本の利点

  • 人に貸せる / 人から借りれる
  • パラパラと読みたい部分が探せる

他人と貸し借りできる。
これは紙の本だからこその利点ですよね。

Kindleに限らず、電子書籍の登場によって
昔からの「本の貸し借り」って文化が無くなっちゃうのかなーっていうのが
最近すごい残念に思ってることです。

高校生の頃ジャンプを買って、学校で回し読みしたのは良い思い出です。
(今の高校生ってそういう文化あるんですかね)

もう1点。
紙の本だとパラパラっと眺めながら
気になるところを発見して読む、って事がしやすいのも良いですね。

1回目読んだ時には気にならなかったけど
ふとした時にパラパラとめくってみたら意外と良いことが書いてある。
みたいな「本との出会い」が楽しめるのは紙の本ならではですね。
(もちろんKindleでも出来ますが、感覚的にちょっと… ※主観です)

まとめ(使い分け)

と、いうわけで

  • 何度でも読みたい本
  • (上記の意味も含めて)他人に貸したい本

については私は紙で買うようにしてます。
繰り返しパラパラと読むことによる発見、っていうのも楽しみの一つですよね。

 

なので、

  • とりあえずKindleで買ってみる→もう1回、2回と読みたいから紙で買おう

みたいな無駄なことをよくやっていたりします。
諸々考えるとコスト的にはトントンですねー。
読み終わった後にBOOKOFFとかに売れなくなる分マイナスかも。

RとIを使いなさい。

 

問題にぶつかったとき、自分からは何もせず、無責任にも誰かが解決してくれるのを待っているようなら、「RとIを使いなさい」と言ってきた。

 

これ、今再読中の「7つの習慣」に出てきた言葉なんですが、良い言葉だなぁと。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 ↑Kindleオーナーライブラリーで1ヶ月無料で借りられます。
(意識が高かった)大学生のときに読んだっきり本を誰かにあげてしまったので、この機会に読み直してます。

 

“Resourcefulness”と“Initiative”

 

RとIのR、”Resourcefulness”

あまり聞き慣れない単語ですかね。(少なくとも私はあまり聞いたことなかった)
本文中では「知恵」と訳されてましたが、単なる賢さって意味ではなく「困難な問題をどうにか解決する能力」というような意味合いが強いようです。

 

RとIのI、”Initiative”

対してこちらはよく耳にする単語ですね。
本文中ではそのまま「率先力」と訳されてました。
まあ主導的に何かをすること、みたいなニュアンスでしょうか。

 

まあ平たく言うと、

自分の頭で考えて、自ら主体的に問題に対して取り組みなさい

みたいな感じですね。
当たり前ですが非常に大切だな、と。

ブログ始めました。

ブログ始めました(3回目)

 

「ブログ始めました」ってタイトルの日記を(覚えてるだけでも)過去3回くらい書いてるのですが、どうにも途中でこっ恥ずかしくなってブログ更新出来なくなっちゃうんですよね。